ジーンズ > ジーンズの歴史 > デザイナーズジーンズ

デザイナーズジーンズ

デザイナーズジーンズ

60年代から70年代のヒッピー、パンクなどのムーブメントを通して、デニム素材(ジーンズ)はアンチファッションのシンボルとなります。しかしこのような流れの中でも、時代を表現しようとするファッションデザイナーに着実に影響を与えます。

77年に、デザイナーとしてジーンズを取り上げたのが、カルバン・クラインです。ブルック・シールズが「カルバンのジーンズと私の肌の間には何も入れない」というキャッチコピー(80年代前半)は爆発的な話題を呼び、カルバンクラインのジーンズは大ヒットとなります。アメリカでは、他にも、グロリア・ヴァンダービルトなどのデザイナーも着心地がよい、高級感のあるジーンズを発表しました。彼女は上流階級出身で、上流階級にもジーンズをアピールすることになりました。

■セクシーなジーンズ

カルバン・クラインはジーンズに関して「ジーンズとはエロティシズム」と表現しました。この言葉がファッションデザイナーによるジーンズを象徴しています。カルバンクラインを始めとしてデザイナーのデニムの素材への見方は全く異なるものでした。

これまでのジーンズは労働着、ヴィヴィアン・ウエストウッドで有名なパンクファッションなど反社会的なメッセージが強かったのですが、対して、デザイナーのジーンズは、細身で、セクシー、カルバンクラインが表現する、エロティシズムであり、「美しい」ジーンズでした。美しさ、シルエットをいかにきれいに見せるかという点で「デザイン」されていたのです。

このようなデザイナーのジーンズは、リーバイスなどが出していた、オリジナルのジーンズとは異なるもので、履いて、時間がたって徐々に自分になじんでいくというよりは、その過程を飛ばして、既に完成されたものでした。

ファッションデザイナーとジーンズ

カルバン・クラインをはじめ、70年代末から80年代にかけて、飛び火するように、ファッションデザイナーがデニム素材やジーンズを採用していきます。代表例は、ヨーロッパではアルマーニジャン・ポール・ゴルチエモスキーノアズディン・アライアティエリ・ミュグレー、アメリカでは、ダイアン フォン ファステンバーグラルフ ローレンリズ グレイボーンなどです。

その他、70年代後半には、製造業者からなる団体で、14のブランドを生み出した、ジーニアスグループが登場します。ジーにアスグループはジーンズのヴィンテージ加工技術の開発を進め、モダンジーンズとして注目を集めます。ここからディーゼルキャサリンハムネットなどがデビューし、活躍ます。

こうしてジーンズは、70年代後半から80年代半ばにかけてファッションデザイナーによって、急速に取り入れられていきます。

第10章 ヴィンテージジーンズ(現在調査中) へ続く