ジーンズ > ジーンズの歴史 > ハイファッションとジーンズ

ハイファッションとジーンズ

ファッションとデニム

ファッションとデニムとの結びつきを考えると、30年代後半から50年代にかけて活躍したアメリカのデザイナー、クレアマッカーデルにさかのぼります。クレアマッカーデルは、主に中産階級に向けてデザインをしていたので、ハイファッションという表現には議論されるところですが、でアメリカンルック(アメリカンスポーツテイスト)誕生の中心的な役割をはたします。(詳しくはアメリカンスタイルを参照ください)

マッカーデルは1942年、デニムを使用して、服の上からはおるドレス、ポップオーバーを打ち出し、アメリカではこれが大ヒットを飛ばします。その他にも、デニムを使用したデイドレスなどエレガンスな要素を加えたファッションを打ち出していきます。

このようにデニム素材は40年代から徐々にアメリカのファッションに取り入れられ、ゆっくりではありますが、お洒落なアイテムとしての地位を築いていきます。

60年代、ハイファッションの中でもデニム生地をこよなく愛用するデザイナーが出てきます。イヴ・サンローランです。彼は、「ジーンズを私が世の中にだすことができなかったことが残念でならない。」と言葉を残しています。1970年頃、イヴ・サンローランはデニム素材をプレタポルテのコレクションに使用し始めます。こうして70年代には、デニム素材のパンツスーツが、ハイファッションの中でも普及していきます。

ジーンズとファッションデザイナーの経歴

□1976年 カルバン・クラインがコレクションでジーンズを取り上げる。

□1981年 アルマーニから「アルマーニジーンズ」が発表

□1982年 ラルフローレンから「ラルフローレンジーンズ」発表

□1985年 キャサリンハムネット、「デストロイジーンズ」発表

□1986年 モスキーノから「モスキーノジーンズ」発表

□1988年 ポールスミスから「ポールスミスジーンズ」発表、またこの年、マリテフランソワジルボーが「ソスパンド」を発表

□1990年 ヴェルサーチから「ヴェルサーチジーンズクチュール」発表

□1997年 ヘルムート・ラングから「ヘルムート・ラング・ジーンズ」発表

□1998年 イヴサンローランから「サンローランジーンズ(後にサンローランに改名)」発表

□2000年 アレキサンダー・マックイーンが「バムスター(半尻)」ジーンズを発表し話題となる。ジャーナリストからは酷評される

主なデザイナーのジーンズへの動きは上記のようになります。

第9章 デザイナーズジーンズ へ続く