ジーンズ > ジーンズの歴史 > カウンターカルチャーとジーンズ

カウンターカルチャーとジーンズ

モッズとホワイトジーンズ

1960年代前半にイギリスで流行したモッズムーブメントにおいて、モッズたちは「リーバイス501」よりも、新しく発売された「ホワイトリーバイス」や「リー・ウエスターナー」を好んで穿きました。その陰には、リーバイスLeeのヨーロッパ進出がありました。

細身のスーツ、細身のシャツ、股上の浅いパンツを穿くモッズたちにとって、労働着としてのダボダボしたジーンズよりも、細身の白いジーンズのほうがスタイリッシュに感じられたようです。

このような流れの中でリーバイス、リー、ラングラーといったジーンズブランドは、ヨーロッパでの普及もあり、空前の売上げを誇ります。60年代半ば、リーバイスは年間で1億本のジーンズを売上げます。

ヨーロッパファッションに関して言えば、50年代のロンドンに、ロッカーズというジーンズを取り込んだスタイル(グループ)があったのですが、ファッションとして本格的に普及するのは60年代モッズあたりからです。

ジーンズはビートルズ、ローリングストーズ、女優ではジェーンバーキンなどが履きこなし、60年代から70年代にかけて、徐々にファッションに取り入れられます。

ヒッピームーブメントとジーンズ

1960年代後半、ビートニクの影響やベトナム反戦運動・公民権運動などの社会運動などを背景としたヒッピームーブメントがアメリカから起こります。

そこには、「ラブ&ピース」などのテーマ・主張を歌に唄ったボブ・ディランのようなフォークミュージックや、LSDなどのドラッグがもたらす高揚感を表現するサイケデリックミュージックや、ウッドストックフェスティバルに代表されるロックミュージックといった、反体制的なカウンターカルチャーが成熟しました。

彼らのヒッピーファッションには、「自由・反抗」の象徴ともなったジーンズが採り入れられたのです。

1966年には、「リーバイス501」のパッチから「XX」の表記がなくなり、隠しリヴェットが廃止されバータックで仕上げるようになります。いわゆる「66モデル」です。そして、1969年には、ベルボトムジーンズの「リーバイス646」が発売されます。これはまさにヒッピーファッションのジーンズの特徴でもあるほど、多く穿かれました。このように、ジーンズは時代とともにファッショナブルなものに変化していきました。

第7章パンクとジーンズへ続く