ジーンズ > ジーンズの歴史 > ジーンズのファッション化

ジーンズのファッション化

ジーンズのファッション化

戦後、ジーンズは労働着としてよりも、現在のように一つのファッションアイテムとして認識されるようになります。それは第5章で説明した、マーロン・ブランドやジェームズ・ディーンといった映画スターの影響などにもよりますし、また、ジーンズを生産するメーカー側がカジュアルウェア市場に本格的に参入していったことにもよります。

この時代のジーンズはシルエットが細くなり、カジュアルウェアとして、一般の人たちに穿かれるようになりました。まさに、当時の人たちにとっては、アメリカ経済の高度成長の象徴、そして現在の人たちにとっては、古き良きアメリカ文化の象徴と言えるものでしょう。

リーバイスは、西海岸の人たちだけのジーンズメーカーではすでになく、東海岸でも売られるようになり、Leeはジェームズ・ディーンの影響で人気が出、ラングラーはカウボーイ御用達のブランドとなったのです。

以下に、この時代のリーバイス、リー、ラングラーのジーンズがどのように変化していったのかを時系列で説明していきます。

ジーンズの変化【年表形式】

1950年、ラングラー、ジッパータイプのデニムジャケット「11MJZ」を発売。「11MJ」同様、アクションプリーツがついていたり、機能性が良いデニムジャケット。

1952年、ラングラー、デニムシャツ「27MW」を発売。

同年、リー、耐久性に優れたツイル生地「チェットパツイル」を開発。

1953年、リーバイス、「507XXジャケット」(セカンドモデル)を発売。

1954年、リーバイス、革パッチから紙パッチに変更。これは、紙パッチが革パッチのように縮んだりしなく、耐久性があったため。

同年、ラングラー、ジーンズに、カウボーイを主人公にしたコミック「ギミーブック」を付属させる。

同年、リー、カジュアルスラックス「リージャース」を発売。「リージャース」という名前は、ブランド名の「リー」と「レジャー」を組み合わせた造語。

1959年、リー、白いコットンサテン地の「リー・ウエスターナー」発売。ホワイトジーンズの誕生。

1961年、リーバイス、「ホワイトリーバイス」を発売。

1962年、リーバイス、「557XX(トラッカージャケット)」(サードモデル)を発売。シルエットがタイトになり、デニム生地にはプリシュランクデニムを使用。

第6章、カウンターカルチャーとジーンズへ続く